モテたい!でも髪が薄いし…と悩んでいるだけじゃ何も変わりません。AGA治療して今までの自分にさよならしましょう。その為に何をすればいいのかをこれからご紹介していきたいと思います。

気になるAGA治療~AGA治療薬の種類~

抜け毛や薄毛が気になるという男性も、多いでしょう。
男性でこのような毛髪トラブルが起こっている場合、AGAを引き起こしているかもしれません。
AGAとは男性ホルモンが関わり起こる、薄毛や抜け毛の症状の事を言います。

男性ホルモンのテストステロンに、5αリダクターゼという酵素が作用すると、ジヒドロテストステロンというホルモンへと変化します。
このジヒドロテストステロンは髪を育てる毛乳頭と結びつき、正常な発毛サイクルを崩してしまうのです。
発毛サイクルが崩されてしまうと、まだ成長期にある毛髪が抜けてしまったり、生えてくる毛髪が細いなどの症状が現れます。

AGAは生え際や頭頂部の毛髪が、抜けやすいと言われている為、気になる方は注意しましょう。
男性ホルモンの変化で起こるAGAですが、AGA治療によって皆瀬する事も可能です。
AGA治療の最もスタンダードな方法が、AGA治療薬を使った治療となっています。

AGA治療薬には一般的に、2種類が使われており、多くのクリニックではポピュラーに処方されています。
まず1つ目のAGA治療薬が、「ミノキシジル」です。
ミノキシジルは血行を改善する作用があり、頭皮の環境を整える効果が期待できます。
頭皮の血行が改善されれば、毛根部分に十分な栄養が行き渡り、健康な毛髪を育てる事ができます。

しかし、ミノキシジルだけでは男性ホルモンの変化を、抑える事ができません。
ですので、ミノキシジル以外にもテストステロンが、ジヒドロテストステロンへと変化しないような、薬の種類を使う必要があるのです。
ミノキシジルと一緒に処方されるケースが多いのが、「プロペシア」です。
プロペシアは5αリダクターゼを阻害する働きがあり、テストステロンがジヒドロテストステロンにならないよう、抑える効果が期待できます。

このような種類の薬を用いて、AGA治療は行われます。