モテたい!でも髪が薄いし…と悩んでいるだけじゃ何も変わりません。AGA治療して今までの自分にさよならしましょう。その為に何をすればいいのかをこれからご紹介していきたいと思います。

AGA治療を効果的にし薄毛の予防ができる食生活

薄毛の進行には日頃の食生活が原因になっている事が多くあります。
食生活を見直すことは薄毛の予防とAGA治療の効率を高める事にも結びつきます。
食生活の乱れが原因で薄毛になる場合は二つの要素が起因し、一つ目は、食生活が乱れジャンクフードや外食などが中心になると、体内では栄養のバランスが偏ってしまいます。
栄養のバランスが偏ると、自律神経が不安定になります。
不安定な自律神経は副交感神経の働きを鈍くさせ血行が鈍くなります。
血行が鈍くなると、体の表面に近い頭皮への毛細血管に血流が無くなり、頭皮の毛細血管から続く毛根に栄養を送れなくなります。
栄養が届かなくなった毛根は発毛や育毛ができず、毛髪は栄養を断たれてしまい徐々に衰弱をします。
衰弱をした毛髪は抜け毛となり薄毛が進行してしまいます。
AGA治療では血行が良好な状態を維持しておくことが大切です。
自律神経が不安定になると、ホルモンバランスも乱れてしまい、女性の場合は女性ホルモンの分泌が減ります。
女性ホルモンが少なくなると、妊娠や出産、加齢に伴う更年期障害や閉経時と同じように薄毛が進行します。
二つ目の要素は、高コレステロールのお肉類や、高カロリーの脂っこい食事が中心となっていると、血中コレステロールの値が高くなり、血液がドロドロの状態になってしまいます。
ドロドロの血液も毛細血管に流れにくくなってしまうため、AGA治療を妨げます。
食生活は野菜類や海藻類や果物などを中心とし、栄養バランスの良い食事を行う事が重要です。
過度のダイエットや食事制限も薄家を進行させる原因となってしまうので、AGA治療を行っている間は食生活に配慮した生活習慣が重要になってきます。